MENU

張本美和のダンス動画が可愛い!出身中学や全国模試の学力がヤバイ!

卓球で「張本」という苗字を聞けば、
やっぱり頭に浮かぶのは、張本智和さんですね。

その妹の張本美和さんも、じわじわと実績をあげ
実力や学力の高さにも注目が集まっています。

兄妹揃って、スポーツ万能、頭脳明晰との噂です。
そうだとしたら、羨ましい限りですね。

また、張本美和さんのダンスが可愛いとネットで話題になっています。
そんな張本美和さんのダンス動画や出身中学・全国模試の学力につてい調べてみました。

目次

張本美和のダンス動画!

張本美和さんがコートの隅でK-POPダンスを踊っていたようで、中国メディアがその様子をアップし、たちまち動画は拡散されました。

その場にいた観客やファンは皆、ミワ・ハリモトの動きに驚いた。試合前のウォーミングアップはよく見るが、踊り、それも女性アイドルのダンスを踊りきるのは珍しい」と綴った。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d3f25730046af7545f10d0056b023d568d87bd14

「若くて天井知らずの新星が現れた。実際、13歳という若さながら、あの強さは侮れない」と称えている。  
試合前のダンスは張本なりの集中力の高め方なのだろうか。
人目を気にせずに踊る心臓の強さは、まさに大物の証かもしれない。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d3f25730046af7545f10d0056b023d568d87bd14

練習の合間にはダンスを踊る姿も。「韓国の女性アイドルグループが好きで。TWICE、ITZY、aespaをよく聞いて踊っています」と中学生らしい一面も。「アカデミーの地下にカラオケがあり、昼休みにはよく歌って発散している」と渡邊監督。

引用:https://www.townnews.co.jp/0206/2022/01/01/606660.html
sonoko

張本美和さんはK–POPが大好きみたいですね。中学生らしい!
動画のウォーミングアップの様子は本当に可愛らしい〜
しかし、ウォーミングアップがK–POPダンス!
大人はこれにはびっくりの反応でしたね^^;

張本美和の出身中学

張本美和さんの出身は宮城県仙台市です。
小学校まで仙台市で過ごし、中学校入学から神奈川県に生活拠点を移しています。

中学校は神奈川県川崎市立川中島中学校で、2022年現在は中学2年生です。

制服姿も可愛いですね〜

月曜日以外は部活動にも励む。その後は平日5時間、土日は6時間半ほどアカデミーでの練習をこなす中でも「課題もテストもたくさんあるけどみんなと一緒。勉強も部活もしっかり頑張らないと」と自身を奮い立たせる。学校、部活、アカデミーと3足のわらじを履く生活

引用;https://www.townnews.co.jp/0206/2022/01/01/606660.html

中学生になってからの張本美和さんは学校、部活、アカデミーと3足のわらじの生活で忙しい日々を過ごしています。

何ごとにも手を抜かない性格の張本美和さん!
ここでも努力家の一面が伺えます。

張本美和の全国模試の学力について

ミライモンスター動画を見ていただけるとわかりますが

張本美和さんは10歳の時に、
塾の全国統一模試で1位をとっています。
1位/53338人中
この動画は、ミライモンスターに10歳の時に出演されたときのものです。
コーチとの会話で、勉強はほぼ100点と話していました。

sonoko

張本美和さんの頑張る姿に感動!
10歳の時にTリーグにデビュー!
『ミライモンスター(フジテレビ系)』に2度も出演されると、更に知名度アップ⤴︎
卓球界の新星と期待されます。

sonoko

張本美和さんの練習風景は、
10歳とは思えないハードなもの、
また美和さんの精神力にも感心するばかりです。

張本美和の両親の教育方針!

まずは健康!
次に勉強、そして3番目に卓球だそうです。

小学校の頃の張本美和さんは
学校から帰宅すると、直ぐに宿題を終わらせ、
学研(CM主演中)の授業、英語の勉強を終えてから、卓球の練習をしたそうです。
その後、お夕飯、お風呂を済ませて早めに就寝されています。

両親は子供の成長・リズムを考えた良い習慣作りに徹していたそうです。

英語は3歳から始めています。
母親が「将来海外にでて、通用する語学を身につけて欲しい」との願いからのようです。

両親が中国出身なので、張本美和さんは日本語、中国語、英語と3ヶ国語話せます。

日本卓球の先駆者のひとり、荻村伊智朗氏がいわく
「卓球は100メートルを全力疾走しながらチェスをする」

語学はトリリンガル、卓球は頭脳を瞬時に使うスポーツ!
脳が毎日フル回転している状態!
張本兄妹が頭脳明晰なのもわかる気がします。

ちなみに、
兄の張本智和さんの学力も高いことも知られています。

小学校時代は地元・仙台市内の小学校に通っていましたが、宮城県全体の学力テストではトップ10入りしていました。全国模試で、算数と国語は4回も1位になったこともあります。

中学1年生の時も、すでに国際大会や遠征、練習に追われていましたが、通知表はほとんどの教科が最高の5だったそうです。

引用元:https://news.line.me/articles/oa-shujoprime/148b4eb3c1d4
sonoko

二人とも文武両道で努力家!
学研のイメージキャラクターにピッタリ!
子供を持つ親として、
張本兄妹のように育って欲しいと願ってしまいます。
習い事に卓球もいいかもですね〜 ^^

張本美和の戦績

10歳でU15日本代表に選出。
翌11歳でU18日本代表!
13歳でナショナルチームの候補選手となっています
全国中学校卓球大会 女子シングルス 優勝
2021年全日本卓球選手権大会カデットの部 13歳以下女子シングルス 優勝
世界ユース卓球選手権
U15女子シングルス 優勝
U15女子ダブルス 優勝(ハナ・ゴーダペア)
U15混合ダブルス 優勝(松島輝空ペア)
U15女子団体 優勝

中学入学の年に、全国中学校卓球大会 女子シングルス 優勝、その後も多くの大会で実績を残しています。
素晴らしいですね。

現在中学生ながら、世界ランキング42位まで上がってきています。(2022年8月)
出典元:https://takkyu-navi.jp/player/ranking

張本美和のプロフィール

張本美和さんは2歳から卓球を始め、
3歳になると兄,智和と一緒に練習するようになりました。
7歳で小学2年以下の全日本選手権で優勝!
9歳の頃に兄,智和さんが
全日本選手権で優勝し、全国から注目を集めるようになります。
美和さんはその兄,智和さんから刺激を受けます。

張本美和さんのプロフィール

名前:張本美和 ( はりもと みわ )
愛称 :みみ
生年月日:2008年6月16日
出身地 :宮城県仙台市
血液型 :O型
身長 :164.5cm
利き腕 :右
所属:木下グループ

5歳上の兄の智和さんは、男子シングルスにおいて世界ランキングで最も高い日本人
これからの日本の卓球界を牽引していく存在!
100年に一人の怪物と呼ばれてます。

張本美和さんの両親について

両親ともに卓球選手で、父は男子ジュニア日本代表の元コーチ、母は世界卓球選手権の元代表選手!

張本家は卓球一家です。

両親はもともと中国四川省出身です。

父:張宇(ちょうゆ)さん
母:張凌(ちょうりん)さん

父親の張本宇さんは元卓球選手で、男子ジュニア日本代表コーチ、
母親はは1995年の天津市で行われた第43回世界卓球選手権の元代表選手です。

父親の張本宇さんは仙台ジュニアクラブのコーチとして招かれ、宮城県仙台市へやってきたそうです。

その後、張凌さんと結婚され張本卓球場を開設されました

現在は主宰する仙台ジュニアクラブの練習場としてジュニアの育成に励んでいらしゃます。

張本卓球場HP

父親の張本宇さんは当初、
いずれは中国に戻り、プロチームのコーチになるのが目標だったそうです。

しかし、張本卓球場を開設し、仙台に基盤ができたこと、
智和さんが生まれたことで、生活の中心が完全に日本になったことや
日本で育ってきた張本智和さんが日本の選手として戦いたいという思いがあったので、
現在はお子さんのために帰化され、日本のジュニアー育成、2人のお子さんを支えていらしゃいます。

sonoko

ご両親共に元卓球選手で母親は中国代表選手とは
やはりサラブレッド、美和さんの活躍にも納得です。
お子さんを思う、お父さんの決意!
張本兄妹が日本人としての活躍する姿、嬉しく思います。

張本美和さんのプレースタイル

戦型 右シェーク裏裏ドライブ型
フォアのドライブが得意。ドライブ型。最近上回転のラリーが強くなった。

プレースタイルは、攻撃的なスタイルが持ち味の右シェーク裏裏ドライブ型です。両ハンドドライブが特徴的で特にバックハンドは兄と遜色ない威力と精度を誇るといわれています。

特に前陣においては同世代の女子選手の中では指折りの強さと安定感を持ち、その威力で相手選手が中陣に下げられてしまうほどです。高校生や一般の選手に対してもラリーではしばしば優位に立つことが多く、その精度は上がっていくばかりです。

引用元;https://rallys.online/forplayers/player/miwa-harimoto/

張本美和さんの使用ラケット

張本美和さんはBUTTERFLYと契約されています。
ラケットは兄・智和の使用モデルである張本智和インナーフォースALCを使用されています。

グリップ: シェークハンド
ラケット: 張本智和インナーフォース
フォア面ラ:バー ディグニクス05
バック面:ラバー ディグニクス05
出典元:wiki

上回転の展開が多い女子卓球において「ディグニクス05」は威力を発揮することができるため、張本美和は両面に使用しています。

引用元:https://rallys.online/forplayers/player/miwa-harimoto/

張本美和のプレー中の掛け声

ミライ☆モンスターをご覧になった方は、お分かりかと思いますが

張本美和さんは兄の「チョレイ」のような雄叫びはあげません。

張本美和さんが兄の雄叫びについてもコメント、冷静に答えているところが面白いですね^^

張本美和選手は張本智和選手のように、「チョレイ」と雄叫びをあげることは少ない。これに関して本美和選手は「言わないですね。女子が言うと変。あれはお兄ちゃん語なんだなと思う」とコメントしており、兄妹での違いを見せていた。

引用;https://rallys.online/forplayers/player/miraimonster-miwa/

兄の張本智和さんとのダブルス

先日、兄とのダブルスで優勝し話題にもなりました。

兄妹ペアが世界のトップ戦線に出場するのは珍しいそうです。

今大会で初結成されたばかりですが、中国ペアをはじめ強豪をなぎ倒し、

早くも決勝の舞台へ

相手は2019年世界ジュニア選手権で銅メダルの馮翊新と五輪3大会出場の陳思羽のペアとの対決でしたが、
見事に優勝を勝ち取りました。

今後も張本兄妹ペアの活躍が見れそうですね〜

この優勝で兄の智和さんが妹の頑張りを讃えていました。
素敵なお兄さんですね。

勝利に導いた張本智は、自身のSNSに「美和本当にありがとう、とても強かったです」と投稿。5歳下の妹の頑張りを称えた。

引用:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/07/kiji/20220807s00026000031000c.html

まとめ

▶︎試合前や練習などの準備運動にKPOPのダンスを踊る姿が可愛いかったですね。

▶︎張本美和さんの出身は宮城県仙台市です。
小学校まで仙台市で過ごし、中学校入学から神奈川県に生活拠点を移しています。

中学校は神奈川県川崎市立川中島中学校で、2022年現在は中学2年生です。

▶︎兄同様に文武両道
張本美和さんは10歳の時に、塾の全国統一模試で1位をとっています。
1位/53338人中
ミライモンスターに10歳の時に出演された動画の中で、
コーチとの会話で、勉強はほぼ100点と話していました。


▶︎語学はトリリンガル
日本語、中国語、英語話せます。

▶︎張本美和さんは、100年に一人の怪物と呼ばれる張本智和さんの妹!
まだ中学生ですが、実力をぐんぐん伸ばしてきています。
兄に負けない才能の持ち主!

▶︎「張本智和の妹」と呼ばれることが嫌で、兄を超えようと日々努力しています。

▶︎両親は共に中国の元卓球選手で、兄は張本智和さんで卓球一家でサラブレッド!

▶︎両親の教育方針は、1に健康 2に 勉強 そして3に卓球!
子供の成長・健康・リズムを一番に考えた環境づくりをされていました。

▶︎現在の世界ランキングは42位とじわじわと順位を上げてきています。(2022年8月)

sonoko

中学生ながら驚くべき実績!
兄の背中を追いかけながら、日々努力や経験を積み重ね、凄い速さで成長•進化している張本美和さん。
若き新星・張本美和さんへの期待が膨らみます
今後の活躍が非常に楽しみです!

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる