MENU

ジミー大西の絵の最高額(値段)がヤバい! 海外の評価や年収も調査!

元祖天然お笑い芸人といえばジミー大西さん!
今ではすっかり、画家としての顔も定着し
気付けば、画家になり30年の歳月‼︎

その記念にJIMMY ONISHI「POP OUT」
画業30年記念作品展が行われることになり

またまた、テレビやネットで話題になっていますね〜

そんな天才芸人ジミー大西さんの絵画のお値段、最高額が気になりますね〜
また、海外の評価や年収も調査してみました。

目次

ジミー大西の絵の最高額や価格について

ジミー大西さんの書いた絵は、どれくらいの価格がつくのか?
お笑い番組『ダウンタウンDX』で、
宝物を専門家に鑑定してもらうコーナーに、

ジミー大西さんの絵が登場し「100万円」の鑑定結果には出演者や視聴者も驚いていました。

鑑定結果は「100万円」。
ボジョレーヌーボーのラベルなど、広く日本国外で評価されている点などが考慮されたという。

引用元;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BC%E5%A4%A7%E8%A5%BF

2012年のツイートで三越で
作品の1点に200万円前後の価格がついていたそうです。
凄いですね〜

最高額の作品を、見つけることはできませんでしたが、
高いものでは100万円〜200万円で販売されていると思われます。

ただ、高価なものばかりではなく
もう少し、お手頃な価格の作品もあるようです。

ネットオークションで見てみると、
5万円の価格から高いものだと20万円〜30万円の値
がついているのもありました。

ネットオークションの価格は、まだ頑張れば手の届く範囲!
見極める力ある方購入できるチャンス!

ただ本物か偽物かを
見抜くのは難しいので、お店で購入された方が安心かも。

新作『THE 銀座』
さんまさんとの大切な思い出の作品!

初めて東京に来たとき、明石家さんまに連れて行ってもらった銀座4丁目の交差点をモチーフに描いた作品。「さんまさんとの思い出もあって描かせていただきました」

引用:https://magazine.fany.lol/50345/

ジミー大西の絵の海外での評価!

画家として世界的に評価されているジミーは「スペインも、ロンドンも、ニューヨークも個展はさしていただいて」と明かした。評判はと聞かれると、「スペインはスペイン語しゃべって、ロンドンは英語なんで、何言うてるか分かんない」とぶっちゃけ。「逆に『日本的な絵だな』っていう海外からの評価なんです。日本の方は海外的だなとおっしゃるんですけど」と笑ってみせた。

引用元:https://sp.mainichi.jp/s/news.html?cid=20220412spp000006065000c&inb=so

海外での絵の評価は意外でしたね〜
「日本的な絵」とうい評価のようです。

sonoko

そう言われると・・・・
迫力ある色彩がねぶた祭りや和凧でみる色彩に!
ジミーさんのデザインをねぶたや和凧で見てもおもしろそ^^

世界的な芸術家 岡本太郎さんからも「あなたは画家になりなさい」と才能を認めてもらていたようです。

岡本太郎先生から、FAXで手紙が来たんです」と驚きの出来事が。
手紙には「いいよ。もっとキャンバスを気にしなくて、キャンバスからはみだしちゃえばいいんだよ」
と書かれていたとし、「もう、人生変わりました」とジミー。
「あの手紙がなかったら、絵描きになってないですよ」

引用元:https://sp.mainichi.jp/s/news.html?cid=20220412spp000006065000c&inb=so

岡本太郎さんからのFAXで、
ジミー大西さんは画家になる決意をされたそうです。

のちに直接、岡本太郎さんに絵を見てもらおうと

絵を持参し会いに行かれたそうですが、

残念ながら、

お亡くなりになっていて会えなかったそうです。

もし、会えていたらどんな会話をし、
アドバイスをもらっていたのでしょうか〜

その時に養女の岡本敏子さんにお会いしたのが、
ご縁でボジョレーヌーヴォーのワイン・ラベルのお仕事をすることなっようです。

sonoko

世界的芸術家 岡本太郎さんに評価された
ジミーさんは嬉しかったでしょうね〜
しかし、岡本太郎さんご本人に会えなかったのは残念でした。

その他
・個展は毎回大盛況
・ブラジル・パラ州政府から文化功労賞を受賞
・ボジョレーヌーボーのエチケットデザイン
・グッチ新宿店にも作品が展示られて評価は高いと思われます。

ジミー大西の業績

1992(平成03)年
テレビ番組の企画で絵画発表、注目を浴びる。
1993(平成04)年
渋谷で初の個展を開催。
1996(平成08)年
芸能活動を休業し、絵画に専念。ピカソの国スペインへ移住。
1997(平成09)年
ジミー大西絵画展 全国巡回。
1999(平成11)年
ブラジル・パラ州政府から文化功労賞を贈られる。
「第23回世界新体操選手権大会」記念切手 原画制作。
2000(平成12)年
ジミー大西 原画展(東京)を開催。
2002(平成14)年
個展「ジミー大西のEnergy of Nature展」(東京・京都)を開催。
2003(平成15)年
ボジョレー・ヌーボーのラベルデザインに採用。
2008(平成20)年
スペイン移住後 日本と往来しつつ世界各地を放浪の後、1月第二の故郷となる地中海・マルタ島に移住。
「夢のかけら展」開催全国12会場を巡り圧倒的集客を記録。
2012(平成24)年
グッチ新宿店にて「ジミー大西“ドリーム ワークス”展」を開催。
画家生活2020周年を記念する個展「挑戦と革新」開催。
銀座三越をスタート全国巡回展 圧倒的な入場者数を記録

出典元;https://jimmy-onishi.art/profile/

世界的ブランド「GUCCI」とのコラボは評判よかったですね〜
ショウウインドウのディスプレーが素敵でした。

ジミー大西さんの年収について

画家として、成功したジミー大西さんの年収も気になりますよね。

1枚が100万・200万の絵がバンバン売れれば

かなりの収入で億り人???

と想像してしまいますが。

ジミー大西さんの年収がどれくらか?
調査しましたが、確定できるものを見つけることはできませんでした

ジミー大西さんの芸人時代、お金にまつわるエピソード見つけました。

芸人でさんまさんの運転手をしている時、
月に30万円のお給料に番組出演料を合わせ、3000万円くらいだったと言われています。
やっぱり凄いですね〜

運転手として月に30万円もらっていたほか、芸人としても番組に出演し、「年収は3000万くらいあると思う」と振り返った。だが「常にギンギラギン、ギンギラギンと遊んでた」と、ギャンブルが原因で借金が1300万円にもなってしまったという。

引用元:https://smart-flash.jp/entame/77912/1

50歳過ぎた今でもさんまさんから、
お年玉もらっていて、

おごってもらった、総額は2,000万円以上だそうです。

「Jimmy アホみたいなホンマの話」Netflix配信
これはさんまさんが、ジミーちゃんの借金返済のために立ち上げた
一大企画ドラマだったそうです。

ただこのドラマ思っていたほどの視聴率が上がらず、返済されたかは謎ですが・・・

sonoko

このドラマのエピソードを聞いただけで
笑い転げてしまいました。
Netflixでみようと思います。

sonoko

さんまさんの「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」のノベライズ本「Jimmy」発売されています。笑えて心温まりたい方読んでみてください。

テレビで絵の才能を見出され
岡本太郎さんに評価された時は、仕事のオアファーが殺到したそうです。
どれくらいの収入だったのだろ〜〜

100万円or200万円✖️10枚 ?20枚?・・・億???
きっとこの頃は凄かったのだと思います。

ただ、芸人も、絵の世界も浮き沈みが激し世界!

一時は芸人をお休みして絵に専念していましたが、

噂によると、絵が売れなくなったことで、また芸人に戻ったと言われています。

15年頃から数年間、まったく絵が描けなかった

2015年頃の記事で
ジミー大西さんの絵に対しての葛藤が伺えます。

 「最近、絵を描くのがしんどいんですよ。自分の作品を見るのがいやになってきてるんです。前までは達成感があって『やったー』となったんですが、今は『しんどい思いしたよな』というのが出てきてて…。もう疲れてきてんのかな」

引用元;https://www.iza.ne.jp/article/20150917-7B6QB4HLIFN63HIUXOHSSMPAJU/3/

「もちろん評価されたり、賞をもらえたりしたら、うれしい。でも、デッサン力のない自分が寂しくなりますね。自分より、うまい人はいっぱいいるのに『これでいいんかな、悪いことしてるな』って。

引用元;https://www.iza.ne.jp/article/20150917-7B6QB4HLIFN63HIUXOHSSMPAJU/3/

真面目で真摯に絵に向き合っている、ジミー大西さんの姿が伺えます。

この時、
さんまさんやマネージャーに相談したら、
「別にええよ」「どうぞご自由に」という感じだったそうです。
優しさと温かさを感じます。

sonoko

ジミー大西さんは
周り人間に恵まれていて
幸せな方でですね。

画家として、立ち止まる時期だったのかもしれないですね。

2016年以降はタレント活動に再び軸足を置き、
絵画については「今は描きたくない」「筆は(折ってはいないが)曲げている」と発言されています。

その他の理由として

焼き鳥店のアルバイト募集の張り紙に時給1200円とあり、
自身の作品完成までを換算したら時給380円となったことにショックを受けたからだそうです。

さんまさんの説得で、また画家活動を再開されます。

sonoko

この時、さんまさんの言葉が素敵なんですね〜
お二人の関係にも感動します。

僕が「お金が割に合わないんです」と答えると、
「人を笑かしたり、喜んでもらうことに、お金の計算したらあかん」とおっしゃって。その言葉で自分の気持ちが整理できて、「もう一度、絵と向き合おう」と思えるようになりました。

引用元:https://dot.asahi.com/aera/2022042500043.html?page=3

こんな、素敵なお話しもありつつ

もう一説には
「風俗に行きすぎて借金が増えたため、それを返済するために戻った」とも^^;

これはこれで、芸人さんらしいおもしろエピソード(^◇^;)

●ジミー⼤⻄ 画業30年記念作品展「POP OUT」

今回の個展で、作品展示、グッズ売上、本の印税が入ると考えられます。
全国で展示されればかなりの収益!

将来、定期的に展示会を行えたら収入は凄いでしょうね〜

ちなみに今回の展示は
新旧 約100点の作品展示・オフィシャルグッズ販売多数
入場料:一般1,000円/大学・高校・中学生800円(小学生以下無料・税込)

ジミーさんの画集

ジミーさんの作品を堪能できること間違いなし!

ジミー大西のプロフィール

芸名:ジミー大西 |本名:大西 秀明
ニックネーム: ジミー、ジミーちゃん
生年月日: 1964年1月1日
出身地: 大阪府八尾市
血液型: A型
身長: 160cm
高校:大阪商業大学堺高等学校
師匠:ぼんちおさむ|明石家さんま
出身:NSC1期生(2か月先輩)
職業:画家・芸人
事務所:吉本興業
既婚(妻 元マネージャー)

まとめ

元祖天然お笑い芸人ジミー大西さん!
JIMMY ONISHI「POP OUT」画業30年記念作品展が行われることになり
再び、注目をあつめています。

海外からも高い評価を受けいるようです。

海外からの評価は日本的な絵とのことのようです。
また逆に日本の方は海外的だとの評価!

作品のお値段は高いもので200万円
平均で5万円〜30万円くらいのようでした。

年収に関して、確定できるものを探すことはできませんでした。

芸人活動や画家活動の度合いによっても違い、推定するのは難しいです。
ただ、有名芸能人なので、一般の方よりも収入は多いと思われます。

運転手兼芸人だった頃は、おおよそ3,000万円の収入があったようです。

順風満帆な画家人生を歩んでいるとばかり思っていましたが、
葛藤やご苦労もあり、
さんまさんや周りの暖かい仲間の応援で、今回は画家へ復活されています。

きっとジミー大西さんの人柄も素敵なのだと想像します。

今回の展示会が成功すればかなり収益が上がりそうですですね。

sonoko

皆に愛さているジミーさん!
今後も芸人として、画家として
私たちを楽しませてくれそうです。
人を笑顔に変える不思議な力を持つ、
ジミー大西さんを引き続き応援したいと思います。

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる